書評

『真宗と現代葬儀』蒲池勢至著

産経ニュース
真宗と現代葬儀
真宗と現代葬儀

色とりどりの生花が飾られた花祭壇、大きな遺影写真、プロジェクターに映し出される故人の生前の姿…。今や珍しくもない葬儀の様子だが、こうした葬儀が行われるようになったのは平成に入ってからという。高度経済成長期に大きく変化した日本の葬儀は、平成に入ってさらにもう一段大きく変化した。変化は今も進行中だ。

こうした葬儀の変化を検証し、問題提起したのが本書。著者は、真宗大谷派住職で、民俗学者として日本の葬送儀礼を研究してきた。葬儀のビジネス化で日本人の死生観が変わってきていると指摘する。死とは、葬儀とは何かを問う。(法藏館・1430円)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛