来日初登板勝利の阪神・ウィルカーソン 冷凍食品会社に勤務していた右腕はチャレンジ精神抜群

サンスポ
好投する阪神・ウィルカーソン(撮影・斎藤浩一)
好投する阪神・ウィルカーソン(撮影・斎藤浩一)

(セ・リーグ、阪神2―1巨人、5回戦、巨人3勝2敗、16日、甲子園)いとも簡単に料理した。ウイニングボールを岩崎から受け取ると阪神・ウィルカーソン(ドジャース3A)は長髪をなびかせてニヤリとした。4万人超の大観衆の前で投げるのは初めてだろう。それでも新しい生活環境を楽しめる性格からこそ来日初登板勝利をつかめた。

「たくさんのファンの目の前で投げられて、サポートのおかげで何とか乗り切ることができました」

お立ち台では今季最多の4万354人のスタンドに向かって一礼。「タイガースファン、アイシテル!」。スタンドからは大きな拍手を受けた。

一回、先頭の吉川に右前に運ばれた。けん制悪送球などで1死一、二塁とされたが、岡本和&丸を片付けて落ち着けた。最速146キロにスライダー、チェンジアップなど変化球多彩。6回3安打1失点で試合を作った。

コロナ禍による入国制限で来日したのは3月上旬。米大リーグでは通算14試合でわずか1勝と、ガンケル、アルカンタラの保険という立場だった。だが、大学時代に右肘の手術を受け、メジャーのドラフト指名漏れ後は冷凍食品会社で勤務していた男の心は折れなかった。鳴尾浜では日本選手と同じメニューをこなすことを希望し、日本語を勉強しようと秋山、伊藤将らに「朝食、何を食べているの?」と話しかけた。

「日本食は本当においしいと思う。納豆以外はね(笑)。自分で料理を頼めるように頑張っているよ」

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」