1号、2号放った大谷 2安打3打点で全開モード

産経ニュース
レンジャーズ戦の5回、この試合2本目となる2号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)
レンジャーズ戦の5回、この試合2本目となる2号2ランを放つエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は15日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発出場し、一回の第1打席で今季1号の先頭打者ホームランを放った。さらに五回1死一塁の第3打席では右翼席中段へ2号2ラン。1試合2本塁打は通算7度目だった。5打数2安打(2本塁打)3打点、2三振で打率は2割6厘。

1本目のアーチは一回、メジャー初先発の相手右腕ブッシュの初球、高め96マイル(約153キロ)のフォーシームを捉え、打球は右中間のブルペンに吸い込まれた。飛距離は406フィート(約123メートル)で打球の速度は時速172キロだった。今季初本塁打は開幕から8試合、31打席目で自己最も遅く、打点も初だった。

ようやく出た一発にエンゼルスのベンチも大喜びで、ダイヤモンドを1周して戻ってきた大谷に、カウボーイハットをかぶらせて祝福していた。

米大リーグ、レンジャーズ戦の1回に今季1号本塁打を放ち、祝福されるエンゼルスの大谷翔平=15日、アーリントン(共同)
米大リーグ、レンジャーズ戦の1回に今季1号本塁打を放ち、祝福されるエンゼルスの大谷翔平=15日、アーリントン(共同)

2本目は3-6とリードされた五回1死一塁で3番手左腕アラードの2球目、真ん中高めの85マイル(約136キロ)のカットボールを強振、打球は右翼席中段に飛び込んだ。飛距離は415フィート(約126メートル)、打球速度は172キロ、打球の角度は高く舞い上がった41度。

2-1とリードの三回1死走者なしの第2打席は、2番手右腕アブレイユに対し見逃し三振だったが、2ストライクと追い込まれた3球目の98マイルのシンカーを流し打ち、打球は左翼ポールのわずかに左側を通過する特大ファウルを放っていた。六回2死一塁の第4打席は一ゴロ、九回先頭の第5打席は空振り三振。

チームは9-6で乱戦を制した。エンゼルスのマドン監督はレンジャーズの四回の攻撃で、1死満塁から2番シーガーに押し出しの申告敬遠策をとった。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図