阪神64イニングぶりのタイムリー 近本&大山連打で追加点

サンスポ
四回、阪神・大山悠輔が適時二塁打=甲子園球場
四回、阪神・大山悠輔が適時二塁打=甲子園球場

(セ・リーグ、阪神―巨人、5回戦、16日、甲子園)大山悠輔内野手(27)が「4番・一塁」で出場し、四回にタイムリーを放った。

1―0の四回に3番・近本が中越え二塁打を放って出塁。チャンスで打席が巡ってきた4番は巨人先発・シューメーカーの内寄りのツーシームを左翼フェンスまではじき返し、近本を悠々と本塁に招き入れた。

8日の広島戦(甲子園)の六回にロハスが右越え適時二塁打を放って以降、得点は佐藤輝が放ったソロ2本と2ラン1本、ロハスの2ラン、大山の犠飛、この試合の遊ゴロ失策の間の生還によるもので、適時打は実に64イニングぶり。3、4番がつないで取った追加点に、スタンドの阪神ファンは大きな拍手を送った。

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」