8番降格のオリ杉本 24打席ぶりの安打が決勝打に

産経ニュース
【オリックスー西武】五回無死一、三塁から、左前に先制適時打を放つオリックスの杉本=京セラ(薩摩嘉克撮影)
【オリックスー西武】五回無死一、三塁から、左前に先制適時打を放つオリックスの杉本=京セラ(薩摩嘉克撮影)

決勝打を放ったのは、不振で打順を8番に下げられた昨季の本塁打王だった。オリックスの杉本が五回無死一、三塁から、左前に先制適時打。一塁ベース上で安堵(あんど)の表情を浮かべたのも無理はない。実に24打席ぶりの安打だったからだ。

チーム打率がリーグ最下位の1割台と苦しむオリックス打線の中でも、とくに「重症」だった。内外角の揺さぶりに対応できず、試合前の時点で打率は1割1分3厘。「数字が悪い。それだけ」と中嶋監督は前日の5番から8番への打順降格を決断した。

不振にあえぐ中、指揮官から「もうお前には期待してない」と冗談っぽく声をかけられた。中嶋監督らしい励ましに「気が楽になった。暗くならないようにと思った」。先制打の場面。簡単に2球で追い込まれたが、「がむしゃらさを出していかないと」と外角低めの変化球に食らいついた。

打線はまだ本調子ではないが、「こういうヒットが増えれば乗っていける」と杉本が復調のきっかけをつかんだのは大きい。先発した山岡は6回無失点と粘りの投球を展開し、遊撃の紅林を中心に好守備もあった。チーム状況が上向きつつあるのは確かだ。(鮫島敬三)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」