いきもの語り

生態解明へ命つながれ サンシャイン水族館 国内最長76日展示のメンダコ

産経ニュース
サンシャイン水族館でアイドル的な存在だったメンダコ。耳のようなエラをひらひら動かす様子が愛らしかった(同館提供)
サンシャイン水族館でアイドル的な存在だったメンダコ。耳のようなエラをひらひら動かす様子が愛らしかった(同館提供)

昨年12月25日のクリスマスの日、豊島区東池袋にあるサンシャイン水族館の上市光之(かみいちひかり)さん(26)は、静岡県沼津市の駿河湾で漁船に乗り込んでいた。

「メンダコ、おったぞー!」

底引き網を引き上げた漁師の声に胸を躍らせた。上市さんは深海生物の飼育担当で、展示するメンダコを捕まえるために乗船していた。

直径10センチあまりの赤っぽい体。頭にぴょこんとついた耳のような2つのエラがかわいらしい。見ようによってはエイリアンのようでも、未確認飛行物体(UFO)のようでもある。その日のうちに水族館へ連れ帰った。

「メンダコの体は柔らかいので、捕獲の際に網で傷つきやすいが、ほぼ無傷でした。奇跡的です」

サンシャイン水族館で深海生物の飼育を担当する上市光之さん(玉崎栄次撮影)

上市さんは振り返る。

サンシャイン水族館ではこれまでにもメンダコを飼育したことがあったが、いずれも傷ついていたため、長くても2週間ほどしか生きられなかった。

× × ×

メンダコの姿は、タコといわれて思い浮かべる形とは大きく異なり、上から押しつぶされたようなその形からか、「面蛸」と書く。写真では分かりにくいが、脚も8本あり、その裏側には吸盤もある。駿河湾では水深200メートルほどの海底にいて、小さなエビなどを食べるそうだ。

捕獲の翌日から展示すると、たちまちアイドル的な存在になった。水槽の中で、耳のようなエラをひらひらと動かす。「人が水槽の前にたつと、自分で砂を巻き上げて隠れようとするんですね。でも、うまく隠れられていなくて、そんなところが愛らしい」

動画をSNS(交流サイト)に投稿すると大きな反響があり、「水槽の前には撮影しようと人だかりもできた」(広報担当者)。

3月12日、そのメンダコが死んだ。

× × ×

出勤した上市さんが水槽を確認すると、体を横たえていた。前日まで餌もしっかり食べていた。解剖したが、死因は不明のままだ。

展示期間は国内最長の76日間だった。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害