勝者のワザ

砲台グリーンへの転がし上げるショット フェース面でボール打つ意識持つ マスターズ優勝、スコッティ・シェフラー

ZAKZAK

さて、砲台グリーンへの低く打ち出してボールを駆け上らせるショットの打ち方だ。スタンス幅は狭めで、ボール位置は右つま先前。グリップ位置は左股関節の前。これで、ハンドファーストの構えになり、低く、強めの打ち出しができるようになる。テークバックでの注意点は、絶対にヘッドをインサイドに引かないこと。真っすぐにヘッドを上昇させよう。フェースを開かないように、ややアウトサイドに上げる感覚を持つと、真っすぐに上げやすい。

そして、もっとも大切なことは、ここからフェース面でボールをヒットしていく意識を強く持つことだ。ソールを滑らせていくような感覚では、強く、低く打ち出すことはできない。

砲台でも、それほど高くなく、傾斜も比較的緩やかなら9番アイアンやUTクラブを利用する方法もある。いずれにしても、距離感や転がり具合を知るために練習が必要ではあるが、砲台グリーンへは転がし上げる方法が最も安全で成功確率が高い。

■スコッティ・シェフラー(Scottie Scheffler) 1996年6月21日生まれ、米ニュージャージー州出身。テキサス大でアマチュア時代から活躍。20年に米ツアーに参戦し、新人賞を受賞。今季はツアー初勝利を挙げるなど優勝を重ね、自身初の世界ランキング1位に。25歳。190センチ91キロ。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」