勝者のワザ

砲台グリーンへの転がし上げるショット フェース面でボール打つ意識持つ マスターズ優勝、スコッティ・シェフラー

zakzak
グリーンジャケットを着てトロフィーを掲げるシェフラー(共同)
グリーンジャケットを着てトロフィーを掲げるシェフラー(共同)

マスターズ最終日最終組のスコッティ・シェフラーとキャメロン・スミス。スミスの1、2番連続バーディーで、3打差のリードでスタートしたシェフラーは、あっという間に1打差に追い詰められた。

3番は距離の短いパー4。ドライバーで打つとグリーン近くまで届くのだが、ここからの第2打は砲台グリーンへの打ち上げになる。しかも、ピン位置は手前エッジに近い。奥行きもそれほど幅はない。

絶妙のウエッジワークで勝利をつかみ取った(共同)
絶妙のウエッジワークで勝利をつかみ取った(共同)

最終組の両選手ともドライバーショットの後の第2打でグリーンをわずかにショートさせ、ボールは転がり戻ってしまった。ピンまで20ヤード。この場合、高く上げて手前エッジを越えたところに落とすか、手前斜面にボールをぶつけてクッションを利用して寄せるかの方法しかない。

シェフラーは後者の方法を選択した。低く、強く打ち出されたボールは、砲台の斜面に当たり、勢いをそがれながら駆け上っていった。そして、そのままピンにガチャンと当たってカップインした。1打差に追い詰められた状況で起死回生のチップイン・バーディーとなったのだった。

キャメロンは高いボールを打つ方法を選択した。少しでもショートさせると、もう一度打ったあたりまで戻ってきてしまう。そのリスクを避けて、オーバー目に乗せ、2パットのボギー。両者の差は、スタート時点に戻った。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」