INAC神戸、4連勝で優勝へ前進 京川舞がバセドー病から復帰戦でアシスト、田中美南が4試合連続弾

サンスポ
「舞ちゃんおかえり」の横断幕とともにポーズを取るINAC神戸・京川舞
「舞ちゃんおかえり」の横断幕とともにポーズを取るINAC神戸・京川舞

WEリーグ第17節(16日、INAC神戸1―0長野、ノエスタ)INAC神戸は4連勝で開幕からの無敗を14戦に伸ばし、勝ち点を38に伸ばした。

バセドー病による休養から今年2月に練習復帰したFW京川舞が先発。20年12月以来、約1年4カ月ぶりの公式戦出場となった。前半32分、京川縦パスからFW田中美南が右足でミドルシュート。4試合連続ゴールで先制すると、後半は堅守で1点を守り切った。

京川は試合後、涙を流してサポーターにあいさつ。「1年間いろんな葛藤があったので、ここに帰ってくれたことが長かったというか、感極まってしまう感じがありました」。練習を休んでいる時期もチームをサポートする仕事に徹し、復帰に向けて一歩ずつ進んできた。「最初の2、3カ月が一番きつかった。お医者さんからは半年、1年間と言われていたのに、自分が勝手に2カ月で復帰と思い込んで、追い込んでしまった」。自分と向き合い、時間をかけて段階的にトレーニングを積み、復帰戦で1アシスト。「今出せる100%を出し切ってプレーする姿を見せられた」と胸を張った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図