立正大が専大にサヨナラ勝ち 今春就任の金剛監督にウイニングボール/東都大学野球2部

サンスポ
立正大の金剛監督(右)と奈良間主将
立正大の金剛監督(右)と奈良間主将

東都大学野球春季2部リーグ戦第1週第1日(専大1-2×立正大=延長10回、1回戦、16日、大田)

九回を終えて0-0、タイブレーク無死一、二塁からの延長に入り、先行の専大が1点。その裏、立正大が投ゴロ失策と中堅からの悪送球で1点を挙げた後、2番・金子凌内野手(4年、日大三)の中犠飛でサヨナラ勝ちした。元中日投手で今春就任した立正大・金剛弘樹監督は、初采配を勝利で飾った。

今秋ドラフト候補の遊撃手、奈良間大己主将(4年、常葉大菊川)からウイニングボールを渡された金剛監督は、「ドキドキ、不安のあった中での初戦。0-0の緊迫した試合を経験でき、勝てたことで、投手も凡退した打者も報われると思う。1部に上がるため勝ち点5をめざしていく」と言い切った。

敗れた専大・斎藤正直監督は、「先行が不利なタイブレークで、先に1点しか取れず、その裏投ゴロで、菊地が『ヨシ、ゲッツー』と思っちゃったのか悪送球。そこまでいい投球をしていたし、チーム全体で、この負けをひきずらないようにしていきたい」と振り返っていた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏