架空請求で7500万円被害 宮崎市の60代女性

産経ニュース
宮崎県警本部
宮崎県警本部

宮崎県警宮崎南署は16日、宮崎市の60代女性が「NTTファイナンスサポートセンター」や「内閣府個人データ保護協会」をかたる男から架空の被害弁済などを求められ、約7500万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として調べている。

署によると、2月28日に女性の携帯電話に料金未納を知らせるメッセージが届き、記載の番号に電話すると「あなたの携帯がハッキングされ情報が流れた。被害を受けた人が大勢いる」と被害弁済を請求された。その後、別名の男から電話で「サイバー保険に加入すれば保険金が下りる」などと持ちかけられ、4月5日までに約150回の銀行振り込みを重ねた。

男は最後の振り込みの際「10日後ぐらいに返金がある」と女性に告げた後、連絡が取れなくなったという。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」