長崎で被爆体験朗読会 1年4カ月ぶり再開

産経ニュース
約1年4カ月ぶりに再開された、被爆者の体験記などを語り継ぐ定期朗読会=16日午後、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
約1年4カ月ぶりに再開された、被爆者の体験記などを語り継ぐ定期朗読会=16日午後、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で16日、被爆者の体験記などを語り継ぐ定期朗読会が、新型コロナウイルス禍に伴う休止を経て約1年4カ月ぶりに再開された。「ついに三人の児を失った。今日は妻の火葬をせねばならない」「私は、一人ぼっちになりました」。ボランティアの男女らが、家族を亡くした人の日記や手記を感情込めて読み上げた。

多くの人に被爆地を訪れてもらおうと、今回は被爆遺構や慰霊碑がテーマ。児童約1300人が亡くなった長崎市の山里小に残る防空壕(ぼうくうごう)や、旧長崎医科大の門柱、浦上天主堂の鐘などの遺構を紹介後、それぞれにまつわる記録を朗読した。

「元気に二度分の弁当箱を提げて出て行った。あの朝の姿が永遠の別れになろうとは」と、被爆死した息子への思いをつづった母の日記や、大学の焼け跡で親友の遺骨を見つけた男性の手記などが次々と読み上げられた。

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」