阪神に救世主 新外国人ウィルカーソンが初登板初勝利

産経ニュース
【阪神ー巨人】来日初登板で初勝利を挙げた阪神先発のウィルカーソン=甲子園(斎藤浩一撮影)
【阪神ー巨人】来日初登板で初勝利を挙げた阪神先発のウィルカーソン=甲子園(斎藤浩一撮影)

歴史的な低迷にあえぐチームに頼もしい新戦力が現れた。阪神の新外国人、ウィルカーソンが6回3安打1失点と好投し、来日初登板で初勝利。3年ぶりに4万人超が詰めかけた甲子園のお立ち台で、「こんなにたくさんのファンの前で投げられて本当にうれしい。皆さんのサポートのおかげ」と喜んだ。

直球の球速は140キロ台半ばだが、多彩な変化球をコーナーに投げ分け、的を絞らせなかった。中盤からは「相手の狙いを外していく意図で使った」というチェンジアップも有効に決まり、打者を幻惑。一回、先頭の吉川に右前に運ばれて以降、六回1死まで無安打投球を続けた。

六回、岡本和の左前適時打で1点を失ったが、浮足立つことはなかった。丸を高めのチェンジアップで見逃し三振、中島はスライダーで中飛に仕留めてピンチを断ち、「初回をゼロで抑えられたのが大きかった。テンポやリズムを考え、落ち着いて投げ切れた」とうなずいた。

大学時代に右肘の手術を受け、一時は食品会社で働いた経歴を持つ苦労人。藤浪と伊藤将が新型コロナウイルス感染で離脱し、先発陣の台所事情が苦しい中、チームに今季初の連勝をもたらした。矢野監督は「登板を重ねて研究されても、やりくりできるボールの質と制球力がある。ここからタイガースの大きな力になってくれると思う」と期待を込めた。(上阪正人)

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」