日本の誇り 安倍晋三

憲法は世界の現実に合っているのか 自衛隊明記で〝違憲論争〟に終止符を 防衛費6兆円確保で「自国を守る」世界に示せ

zakzak
日本の領海を守る海上自衛隊。憲法への自衛隊明記は必要不可欠だ
日本の領海を守る海上自衛隊。憲法への自衛隊明記は必要不可欠だ

ロシアによるウクライナ侵攻は、第二次世界大戦後の国際秩序を根底から覆した。核大国であり、国連安全保障理事会の常任理事国による暴挙は「国連の機能不全」を白日の下にさらし、日本は安全保障政策の抜本的見直しを迫られている。憲法前文に記されているような〝ユートピア的理想主義〟で、国民の生命と財産を守り切ることができるのか。安倍晋三元首相は連載「日本の誇り」で、侵攻開始から1カ月半以上過ぎたウクライナの惨状を踏まえて、憲法前文の問題や、憲法9条への自衛隊明記の重要性、国家意思を示す意味もある防衛予算増などについて語った。

ロシア軍による残虐行為が連日報じられている。欧米メディアが流したウクライナ首都キーウ(キエフ)近郊ブチャなどの映像は凄惨(せいさん)極まるものだ。多くの方々が衝撃を受けたのではないか。

ゼレンスキー大統領(AP)
ゼレンスキー大統領(AP)

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は「これは戦争犯罪であり、世界でジェノサイド(民族大虐殺)として認識されるだろう」とロシアを強く批判した。ロシアは「でっち上げだ」と否定している。

国際刑事裁判所(ICC)は「戦争犯罪」と「人道に対する罪」の疑いで捜査を開始した。ロシアもウクライナもICCの締結国ではなく、訴追は簡単ではないだろう。ただ、国際機関が徹底的に捜査して証拠を集め、「戦争犯罪」を立証する動きは重要だ。

ウクライナ侵攻で明確になった国際社会の現実を受けて、わが国の憲法が改めて注目されている。前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持(する)」という記述が、「夢物語ではないのか」と議論になっている。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に