桐蔭学園が慶応に逆転勝ち 八回に一挙5得点/春季神奈川大会

サンスポ
桐蔭学園・山口凱矢は投打に活躍して勝利に貢献した=サーティーフォー保土ケ谷球場(撮影・山口泰弘)
桐蔭学園・山口凱矢は投打に活躍して勝利に貢献した=サーティーフォー保土ケ谷球場(撮影・山口泰弘)

春季高校野球神奈川大会第3日(16日、3回戦、桐蔭学園5-4慶応、サーティーフォー保土ケ谷野球場)桐蔭学園が0-1の八回に4連打を含む6安打で5点を返し、逆転勝ちして4回戦に進出した。三回に1点を先制されたが、片桐健一監督は「(先発の)山口が呼び戻してくれた」と四回から七回まで無失点に抑えた山口凱矢投手(3年)の踏ん張りを勝因に挙げた。

「8番・投手」でスタメン出場した山口は、4-1で迎えた八回2死二塁から「何点取っても足りない気持ちで打席に入りました」と執念の右前打。直後のマウンドで1失点し、7回⅔を7安打2失点で降板した。

八回1死一、三塁で代打の伊藤匠が右前適時打。桐蔭学園が5点目を挙げた=サーティーフォー保土ケ谷球場(撮影・山口泰弘)
八回1死一、三塁で代打の伊藤匠が右前適時打。桐蔭学園が5点目を挙げた=サーティーフォー保土ケ谷球場(撮影・山口泰弘)

桐蔭学園はコロナ禍のため、3月3日から18日まで活動を停止した。寮生も実家へ。オープン戦わずか3試合で春の公式戦を迎えた。

静岡・伊豆市の実家に戻った右腕の山口は、父や兄を相手に体を動かし続けた。冬場には下半身を中心に鍛え、直球の最速は3キロ増の146キロ。この日のマウンドで成長した雄姿をみせた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛