亜大・田中幹、’92真中満以来の最多タイ6盗塁 新記録チーム12個/東都

サンスポ
1試合最多記録に並ぶ6盗塁を記録した亜大・田中幹は、笑顔を見せた(撮影・赤堀宏幸)
1試合最多記録に並ぶ6盗塁を記録した亜大・田中幹は、笑顔を見せた(撮影・赤堀宏幸)
八回に連盟タイの1試合6盗塁を決めた亜大・田中幹也=神宮(撮影・赤堀宏幸)
八回に連盟タイの1試合6盗塁を決めた亜大・田中幹也=神宮(撮影・赤堀宏幸)

東都大学野球春季リーグ第2週第3日(14日、神宮)3回戦3試合が行われ、亜大はリーグ新記録の1試合12盗塁をマークするなど国学院大に13-4で快勝し、2勝1敗で勝ち点を2に伸ばした。田中幹也内野手(4年)は1992年春に日大・真中満外野手(元ヤクルト)が作った個人の1試合最多記録に並ぶ6盗塁。駒大は日大を4-2で下し、中大は青学大に延長十回、2-1でサヨナラ勝ちし、ともに今季初の勝ち点を挙げた。

亜大の2番打者、田中幹は八回無死一、三塁で一走として初球にスタートを切り、1試合の個人最多盗塁記録に並ぶ6盗塁目をマークした。三回無死一、三塁では最初の盗塁となる本盗を決めて流れを引き寄せるなど、2安打3四球と全打席出塁。主将として打線を引っ張った。

これで今季8盗塁とし「ベンチで(投手の)モーション観察を常に意識している。7個いきたかった」。残り3カードに向けて「シーズン盗塁記録(1987年春、駒大・野村謙二郎=元広島=の18)は抜きたい」と意欲を示した。

1メートル66と小柄で、50メートルを5秒9で走る。東海大菅生高2年時は、夏の甲子園で4強入り。亜大では1年春から出場し、大学日本代表にも入った。だが、昨夏に潰瘍性胃腸炎を発症して3カ月入院し、体重は11キロ減った。リハビリを経て元の66キロに戻し、2月後半に練習に合流した。

生田監督は「幹也が元気だとスピード感、切れが出る。(シーズンの)記録は抜いてくれると思う」と、亜大OBでプロで盗塁王に輝いた大石大二郎(元近鉄)、赤星憲広(元阪神)に続けと期待する。

チームとしても12盗塁でリーグ記録を塗り替え、勝ち点を2に伸ばして単独首位。2020年秋以来となる通算27度目の優勝へ、機動力で突き進む。(赤堀宏幸)

◆田中幹について楽天・沖原スカウト 「勘がよくてスタートもいいし、トップスピードに入るのも早い。盗塁王を狙える選手として見ていく」

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃