日本ハム・新庄ビッグボス不敵 17日激突の“完全男”ロッテ・佐々木朗は「なんのこっちゃない」

サンスポ
新庄監督は佐々木朗との対戦を心待ちにした
新庄監督は佐々木朗との対戦を心待ちにした
日曜日の登板が続く〝サンデー朗希〟は17日の日本ハム戦での先発が濃厚だ
日曜日の登板が続く〝サンデー朗希〟は17日の日本ハム戦での先発が濃厚だ

令和の怪物も恐るるに足らず-。日本ハム・新庄剛志監督(50)は14日、史上最年少で完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希投手(20)との17日の今季初対戦(ZOZOマリン)を前に腕をぶした。

「誰もビビってないって。楽しみでしかない。(選手も)『さあ、俺たちがやったるわ』という気持ちになっていると思う。大丈夫でしょ、ウチの選手なら。若いし、あまり考えないチームだから、初球からガンガンにね、いって」

自信の根拠となっているのが、〝ガラポン〟打線で挑んだ今春キャンプ中の2月19日の練習試合。佐々木朗は2回26球で160キロ超えは15球を数えたが、細川、野村が直球を中前に痛烈にはじき返した。打者8人で三振は1つだった。

決して難攻不落ではない。それが指揮官の見立てだ。「まあ、(現役だったら)俺は打席に立ちたくないけど…。全員、セーフティー(バント)させます」と笑いを誘った後に、真顔で「同じ人間。人間対人間で不可能はないし、ストライクゾーンに来ないことには試合も始まらない。トンってヘッドを利かせて、速さを利用してコンって打っていけば、なんのこっちゃないですよ」と力強く言い切った。

大記録達成から最初の登板で注目が集まる中、「次もパーフェクトしたら、そりゃもうお手上げよ。日本中、世界中で俺たち、みんなが褒めるしかない。話題性十分やろ」。ビッグボスにとっても、〝おいしい〟一戦となる。(東山貴実)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…