大幸薬品に再発防止命令 クレベリン置き型根拠なし

産経ニュース
大幸薬品の「クレベリン」シリーズの置き型2商品
大幸薬品の「クレベリン」シリーズの置き型2商品

空気中の細菌やウイルスを除去できるとした「クレベリン」の置き型の広告には根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は15日、大幸薬品(大阪)に再発防止命令を出した。東京高裁が13日、命令の差し止めを求めた大幸薬品の仮処分申し立てを却下していた。

消費者庁によると、対象は置き型60グラムと150グラムの2商品。自社サイトやテレビCMなどで「空間や物に付いたウイルス・菌を99・9%除去」と紹介していた。大幸薬品から提出された資料には、約6畳の密閉空間など日常の生活空間とは異なる状況での効果しか示されていなかったという。

大幸薬品は「クレベリン」シリーズで6商品を展開。東京地裁が1月、置き型の2商品について広告の根拠を認めて再発防止命令を差し止める仮処分を決定したため、消費者庁側が東京高裁に即時抗告。残る4商品に同命令を出していた。

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  3. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」