阪神2軍戦中止 14日中日戦に続き15日からのタカ3連戦 コロナ影響でチーム編成困難

サンスポ
練習前、円陣を組む阪神2軍の選手・スタッフたち(代表撮影)
練習前、円陣を組む阪神2軍の選手・スタッフたち(代表撮影)

ウエスタン・リーグは14日、阪神で新型コロナウイルス感染者が出た影響によりチーム編成が困難なため、15~17日のソフトバンク―阪神3連戦(タマホーム筑後)の中止を発表した。この日予定されていた阪神―中日(鳴尾浜)も中止となった。

阪神では藤浪、伊藤将、江越が陽性判定を受け、濃厚接触者の疑いがある山本、馬場も出場選手登録を外れた。代わりに植田、尾仲、加治屋、石井が1軍昇格。2軍はけが人も多く、前日13日の中日戦(鳴尾浜)は捕手登録の長坂らがDHや外野、一塁を守り、出場可能な野手がギリギリの9人で行っていた。

この日、平田勝男2軍監督(62)は鳴尾浜での全体練習後に取材に応じ、4試合が中止になったことについて「しようがないね。きょうは森木が投げる予定だったけど、その辺はまた、来週も(2軍戦)あるんで。どういうところでどういうチャンスができるか、これからもどういう状況になるのかわからない。そのために、われわれファームもしっかり準備する」と話した。16、17日はシート打撃を行い、負傷離脱していた原口や陽川が参加する予定となっている。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に