ヤクルト・塩見泰隆が先制3号ソロ弾! 若燕が躍動して貯金1

サンスポ
3回表、塩見泰隆が右中間へ先制ソロ=横浜スタジアム(撮影・今野顕)
3回表、塩見泰隆が右中間へ先制ソロ=横浜スタジアム(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、DeNA2―3ヤクルト、3回戦、ヤクルト2勝1敗、15日、横浜)降りしきる雨を切り裂いた。三回1死。ヤクルト・塩見泰隆外野手(28)が、左腕・坂本が投じた真ん中低め119キロのカーブにうまく合わせ3号ソロ。頼れる切り込み隊長が貴重な先制点をもたらした。

「積極的にチャンスメークするつもりで打席に入った。良い角度で飛んでくれました」。完璧に捉えた打球は右中間席に吸い込まれていった。横浜スタジアムとは好相性。昨季、打率・333、1本塁打、7打点と相性抜群の地で今季も結果を残した。

これに引っ張られるように、若燕たちが力を発揮した。四回、先頭の村上が3試合連続安打となる左前打で出塁すると、高卒4年目の浜田が右前打で一、三塁とし、20歳の長岡が右前適時打。若手の3連打で追加点を挙げた。

同学年の活躍に刺激を受けている。28歳の塩見は山崎、松本直、原と同じ1993年生まれ。現在は全員が1軍に登録されている。7日の中日戦(神宮)では、松本直が2試合連続の本塁打を放ち結果を残した。

松本直とは2018年の同期入団でもあり「刺激になりますし、すごい自分のことのように喜びました。みんなで頑張りたい」と意気込んでいる背番号9。負けじと存在感を示した。

チームは四回までの3得点で逃げ切った。これで9勝8敗の貯金「1」となった。(森祥太郎)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛