「ちむどんどん」第2週の予告映像に「賢三さんいない」の声も…「スーパーバンドで涙引っ込んだ」と一喜一憂

iza
奥左から優子(仲間由紀恵)、賢三(大森南朋)。手前左から暢子(稲垣来泉)、良子(土屋希乃)、賢秀(浅川大治) (C)NHK
奥左から優子(仲間由紀恵)、賢三(大森南朋)。手前左から暢子(稲垣来泉)、良子(土屋希乃)、賢秀(浅川大治) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第1週の最終話となる第5話が15日、放送され、本編の最後に第2週の予告映像が流れた。ネットでは朝ドラファンが今後の展開を予想して盛り上がりを見せている。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとその兄妹たちの姿を描く「ちむどんどん」。本土復帰から50年目に合わせて放送され、主人公の比嘉暢子役を黒島結菜が演じる。仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が家族役で出演するほか、語りをジョン・カビラが務める。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

第1週「シークワーサーの少女」では、ヒロイン、暢子(稲垣来泉)の幼少期の物語が描かれ、1964(昭和39)年からスタート。まだアメリカ統治下だった沖縄の本島北部、やんばる地域で、明るい母、優子(仲間)と優しい父、賢三(大森)、そして長男の賢秀(浅川大治)、長女の良子(土屋希乃)、三女の歌子(布施愛織)たちに囲まれ、貧しいながらも明るくのびのびと暮らす様子や、暢子たちが、東京からやってきた転校生の青柳和彦(田中奏生)とその父で民俗学者の史彦(戸次重幸)と親交を深める様子が描かれた。

比嘉暢子(稲垣来泉) (C)NHK
比嘉暢子(稲垣来泉) (C)NHK

第5話では、史彦が比嘉家を那覇のレストランに招待。テーブルマナーに戸惑いつつも、初めて食べる本格洋食のおいしさに感激する一家の微笑ましいシーンで始まった。そして、農閑期を控え、賢三が那覇へ出稼ぎに行くことを優子に告げた翌日、賢三が農作業中に苦しそうに胸を押さえて倒れ込み、比嘉家の兄妹が学校から家へと急ぐ場面で幕を閉じた。

予告映像では、運動会で奮闘する比嘉家の兄妹の姿や、ゴーヤチャンプルー、沖縄そばなどの料理の映像に重なる優子の「今のうちに沖縄の料理食べておかないと」とのセリフ、「すいません」と謝る和彦に「まさかやー!」と驚く暢子、走り去っていくバスを追いかける賢秀、良子、歌子の後ろ姿に重なる暢子の大叔父、比嘉賢吉(石丸謙二郎)の「ここままだったら、みんな不幸になる」というセリフなどが次々と流れた。そして、成長した比嘉家の兄妹を演じる黒島、竜星、川口、上白石が並んで歩く場面に続いて、ハンバーガーにかぶりついて「ん~!おいしい!」と喜ぶ暢子(黒島)の幸せそうなアップで締めくくられた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に