オーストラリア遠征女子日本代表37人を発表 マッケンジーHC「勝つことに注力」

サンスポ

日本ラグビー協会は15日、15人制女子日本代表のオーストラリア遠征メンバーを発表した。遠征は19日に出発。5月1日にゴールドコーストでフィジー代表とテストマッチ、6日にブリスベンでオーストラリアンバーバリアンズ戦(ノンテストマッチ)、10日にゴールドコーストでオーストラリア代表とテストマッチの計3戦を行い、13日に帰国する。遠征メンバーは以下の通り(◎は主将。かっこ内は所属、年齢、キャップ数)。

PR小牧日菜多(日体大、20、1C)

左高裕佳(弘前サクラオーバルズ、27、6C)

◎南早紀(横河武蔵野、26、19C)

ラベマイまこと(横河武蔵野、24、11C)

PR/LO西村澪(日体大、19、-)

HO公家明日香(アルカス熊谷、27、-)

谷口琴美(パールズ、27、1C)

永田虹歩(国際武道大、21、3C)

HO/FL地藏堂萌生(日体大、20、-)

LO川村雅未(RKUグレース、22、-)

佐藤優奈(東京山九、23、4C)

高野真希(横河武蔵野、26、12C)

玉井希絵(パールズ、29、7C)

吉村乙華(アルカス熊谷、20、1C)

FL/NO・8伊藤優希(パールズ、25、8C)

向来桜子(日体大、19、-)

齊藤聖奈(パールズ、29、26C)

鈴木実沙紀(東京山九、30、25C)

永井彩乃(横浜TKM、24、5C)

長田いろは(アルカス熊谷、23、10C)

畑田桜子(日体大、18、-)

細川恭子(パールズ、22、4C)

マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(パールズ、37、11C)

SH阿部恵(アルカス熊谷、23、5C)

津久井萌(横河武蔵野、22、16C)

SO今釘小町(アルカス熊谷、20、4C)

大塚朱紗(RKUグレース、22、4C)

安尾琴乃(東洋大、20、-)

CTB中山潮音(横河武蔵野、23、3C)

古田真菜(東京山九、24、9C)

CTB/WTB黒木理帆(アルカス熊谷、23、10C)

松田凜日(日体大、21、-)

WTB磯貝美加紗(ながとブルーエンジェルス、26、-)

名倉ひなの(横河武蔵野、25、5C)

FB庵奥里愛(パールズ、25、4C)

西村蒼空(アルカス熊谷、21、-)

平山愛(自衛隊、29、3C)

選手37人のうち、ノンキャップが10人。オンライン会見したレスリー・マッケンジー・ヘッドコーチは、「(10月開幕の)W杯まで強度の高い準備をする機会が少ないので、経験の少ない選手も連れていく。海外で生活しながら、日本で体験できないレベルの試合ができる。3試合、まず勝つことに注力したい」と話した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に