生島勇輝、気仙沼大使に任命され「祭りで町おこしだ!」

サンスポ
菅原茂気仙沼市長(左)から「みなと気仙沼大使」の委嘱状を受け取る生島勇輝
菅原茂気仙沼市長(左)から「みなと気仙沼大使」の委嘱状を受け取る生島勇輝

フリーアナウンサー、生島ヒロシ(71)の長男で俳優、生島勇輝(38)が15日、父の故郷、宮城・気仙沼市役所で「みなと気仙沼大使」の委嘱状を受け取った。

震災復興に全力を挙げる気仙沼の真の姿を全国へ伝えた堤幸彦監督(66)のドキュメンタリードラマ「Kesennuma,Voices.1〜7」に、弟で俳優兼ダンサーの生島翔(36)と出演。また、気仙沼特産のイチゴを使ったお酒を共同製造し、自身の経営する東京都内のバーで提供するなど、同市の魅力発信や地域振興に貢献した点が高く評価された。

勇輝は「素直にうれしいです」と感激の面持ち。「僕は東京生まれの東京育ちだから、小さい頃は田舎というものに憧れました。でも震災後、『Kesennuma ,Voices』の撮影をきっかけに気仙沼によく来るようになり、海の美しさやおいしいご飯、人の温かさに触れて気仙沼が大好きになりました」と振り返った。

続けて「今まで気仙沼は心の中の田舎でしたが、『みなと気仙沼大使』になったことでオフィシャルに僕の田舎になりました」と笑顔で語る言葉に実感がこもった。その後、庁内で市職員たちと即席のミーティングも。さっそく大使として始動した。

さらに「気仙沼でお祭りをやりたいです!」と力強く宣言。「僕はお祭りが好きで、コロナ禍の前までは毎年、みこしを担いでいたし、和太鼓も習っていました。大使に任命していただいて、気仙沼をどうやって盛り上げようかと考えたとき、〝そうだ、祭りだ!〟という結論に至りました」と目を輝かせた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛