阪神・青柳 「どん底」虎変える! 15日巨人戦先発

サンスポ
キャッチボールする阪神・青柳(代表撮影)
キャッチボールする阪神・青柳(代表撮影)

15日の巨人戦(甲子園)に先発する阪神・青柳晃洋投手(28)が14日、鳴尾浜に隣接するグラウンドでショートダッシュなどで調整した。今季初登板がずれ込んだ悔しい思いをぶつけ、虎を救う。

「チームがどん底から、さらにどん底になっている。僕は暗く野球をやらないように、(雰囲気を)変えられたら」

昨季最多勝(13勝)と最優秀勝率の2冠を獲得し、投手陣の柱に成長した右腕は今季の開幕投手に指名されたが、新型コロナウイルス陽性判定で無念の登板回避を経験。自身の〝開幕戦〟へ「楽しみ」と声を弾ませた。先発陣は藤浪、伊藤将も新型コロナウイルスの陽性判定を受けており、救世主としての期待がかかる。

「(1軍は)テレビでみていると重い雰囲気がありますけど、関係なく。少しでも空気が変わったら」。背番号50が逆襲の旗手となり、苦しい流れを好転させる。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析