今からできる年金+10万円生活

スピードと質が求められるライター業 専門性の高い書き物については高い報酬が見込める

ZAKZAK

ただし、一般的にウェブライターの執筆費用は安めだ。筆者の相場感としては、1500文字程度の記事だとネットメディアでは数千円。そうした案件をいくつかこなし、月に3万―5万円の収入を得ている主婦や副業サラリーマンは多いようだ。

仮に1本3000円で請けたとする。記事1本を2時間で書き上げれば時給1500円だ。しかし、読みやすい原稿を書くのは、なかなか難しい。書くだけでなく、発注元からの依頼に沿う必要もある。書く時間が長くなれば、時給換算ではおいしい仕事ではない。

とはいえ、隙間時間に場所を選ばず取り組めるのは利点だ。多くの読者に記事を読んでもらえる充実感も得られる。必ずしもパソコンでなくてもいい。スマホだけで記事を書くウェブライターも大勢いる。

時給を上げるには、書くスピード感を上げるとともに、納品する原稿の質を高め、締め切りをきちんと守ること。それにより、発注側からの評価が高まり、より良い報酬の案件を依頼されるようになる。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」