舞台「呪術廻戦」今夏に公演 佐藤流司「負の感情を持ってきて」

サンスポ
舞台「呪術廻戦」で主人公の虎杖悠仁を演じる佐藤流司=東京・渋谷
舞台「呪術廻戦」で主人公の虎杖悠仁を演じる佐藤流司=東京・渋谷
舞台「呪術廻戦」に出演する、前列左から豊原江理佳、佐藤流司、泰江和明、三浦涼介、後列左から藤田玲、太田基裕、和田雅成=東京・渋谷
舞台「呪術廻戦」に出演する、前列左から豊原江理佳、佐藤流司、泰江和明、三浦涼介、後列左から藤田玲、太田基裕、和田雅成=東京・渋谷

舞台「呪術廻戦」の製作発表会見がこのほど東京都内で行われ、主要キャストらが出席した。

公演は今夏に東京(7月15~31日)と大阪(8月4~14日)で予定され、主人公の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)は俳優、佐藤流司(27)が務めることに。佐藤は「このような大きな作品の主演をやらせていただくことは本当に光栄。身体能力が高い役なので、本番に向けて私の体の方も鋭意〝制作中〟。いまはひたすら食べてジムに行っています」と意気込みを口にした。

伏黒恵を演じる泰江和明(27)は「アクロバットも披露したい。どういう舞台になっていくのか本当に楽しみ」。釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)役の女優、豊原江理佳(26)も「強くてかっこいい野薔薇ちゃんをできるなんて夢見心地。初挑戦のアクションも特訓中です」と話すなど、大人気アニメの舞台化とあって、出演陣の言葉にも熱がこもった。

製作発表会見でお披露目された舞台「呪術廻戦」のメインビジュアル
製作発表会見でお披露目された舞台「呪術廻戦」のメインビジュアル

この日は今作のキービジュアルなども初披露され、佐藤も「すごい。皆さん(原作と)そっくりでびっくりしちゃいます」と〝再現度〟の高さには驚きの声も。普段は布で目隠しをしている設定の五条悟を演じる俳優、三浦涼介(35)は「ほとんど目が見えないので、プロデューサーの方たちに手を引いてもらって撮影しました」と明かして笑わせた。

演出の小林顕作氏は「原作から飛び出したような舞台にしたい。アクションやダンス、歌など、舞台でできることは目いっぱい繰り広げていきたい」と力を込めた。

「呪術廻戦」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々さんの漫画が原作で、テレビアニメや映画化もされて大人気に。人間の負の感情から生まれる「呪霊」と、呪いをはらう「呪術師」の戦いを描くダークファンタジー。主演の佐藤は「このご時世ですし、日常での不安や不満も皆さんあると思いますが、負の感情を持ってきてください、吹っ飛ばしますから」と元気に言い放った。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走