ヤクルト・高梨裕稔、今季初黒星 ついに〝不敗神話〟途切れる

サンスポ
ヤクルト先発の高梨裕稔=松山市坊っちゃんスタジアム(撮影・今野顕)
ヤクルト先発の高梨裕稔=松山市坊っちゃんスタジアム(撮影・今野顕)

〝負けない男〟に黒星がついた。ヤクルト・高梨裕稔投手(30)が、5回6安打4失点(自責点2)で今季初黒星(2勝)=写真。高津臣吾監督(53)は変化球の精度を課題に挙げながらも「変化球に抜ける球が多くて、そこが操れなかったという感じはする。反省するところもあると思うし、しっかり次に生かしてくれたらいい」と、決して責めなかった。

ミスも響いた。一回2死では二塁手・山田が、3点を献上した二回は無死二塁から三塁手・村上が失策。それでも、高梨は「チームに申し訳ない」と粘りきれなかった自身の投球を反省した。

高梨の登板試合でチームが敗れるのは、昨年5月1日のDeNA戦(横浜)以来、日本シリーズを含めて11試合ぶり。松山のファンに連勝は届けられなかったが、これまで驚異の勝ち運を誇ってきた右腕は、再び一から〝不敗神話〟を築く。(赤尾裕希)

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害