阪神泥沼6連敗…52イニング連続でタイムリーなし

サンスポ
泥沼6連敗。引き揚げる阪神・矢野監督(左)=バンテリンドームナゴヤ(撮影・安部光翁)
泥沼6連敗。引き揚げる阪神・矢野監督(左)=バンテリンドームナゴヤ(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、中日4―1阪神、3回戦、中日3勝、14日、バンテリンD)阪神は精彩を欠き、1分けを挟んで泥沼の6連敗となった。通算成績は1勝15敗1分け。

先発・桐敷が一回に阿部に右翼への2点二塁打を浴びて先制点を献上。2番手・尾仲も登板した三回に1死から3連打を許し、さらに2点を追加された。

佐藤輝をプロ入り後初めて2番に、大山を今季初の4番に据えるなど組み替えた打線も、昨季の投手2冠(防御率2・20、168奪三振)右腕・柳に三回までパーフェクトに抑えられた。六回は初めて得点圏に走者を置き、2死一、三塁で佐藤輝が打席に入ったが、結果は二ゴロ。八回も2死一、三塁で中野が遊ゴロに倒れ、ホームが遠かった。

5回、中日・石川昂弥の打球を追ったが、捕り損ねる近本=バンテリンドーム(撮影・宮沢宗士郎)
5回、中日・石川昂弥の打球を追ったが、捕り損ねる近本=バンテリンドーム(撮影・宮沢宗士郎)

九回は佐藤輝と近本の連打で無死一、三塁を作り、大山の中犠飛で1点を返して零封負けを阻止。ただ、8日の広島戦(甲子園)の七回から続く適時打なしは、52イニングに伸びた。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道