鈴木が2打席連続本塁打 ソロ2発でカブス勝利

産経ニュース
パイレーツ戦の7回、2打席連続本塁打となる3号ソロを放つカブス・鈴木=ピッツバーグ(共同)
パイレーツ戦の7回、2打席連続本塁打となる3号ソロを放つカブス・鈴木=ピッツバーグ(共同)

米大リーグ、カブスの鈴木誠也は12日、ピッツバーグでのパイレーツ戦に「5番・右翼」で先発出場し、五回先頭の第2打席で右中間へ2試合連続となる先制の2号ソロを放った。さらに1-0の七回先頭の第3打席でも左翼へ2打席連発の3号ソロを叩き込んだ。試合はカブスが2-1で勝った。

パイレーツ戦の5回、先制の2号ソロを放ち、お辞儀で迎えられるカブス・鈴木(左)=ピッツバーグ(共同)
パイレーツ戦の5回、先制の2号ソロを放ち、お辞儀で迎えられるカブス・鈴木(左)=ピッツバーグ(共同)

鈴木の1本目は左腕キンタナに対し、フルカウントからの6球目、90マイル(約144キロ)の外角フォーシームを完璧に捉えると、打球は右中間スタンドへ飛び込んだ。飛距離は397フィート(約121メートル)、打球の速度は時速165キロだった。

2本目は2番手左腕バンダが投じた1ストライクからの2球目、92マイル(約148キロ)のフォーシームを今度は引っ張り、左翼席に運んだ。飛距離は398フィート(約121メートル)、打球の速度は時速164キロ。大リーグのホームページでは「鈴木砲2発で圧倒した」と報じた。

二回の第1打席は右飛。九回の第4打席は空振り三振。この日は4打数2安打2打点、1三振で、打率は4割1分7厘。

パイレーツの筒香嘉智は「4番・一塁」で先発し、4打数無安打1三振だった。打率は2割5分。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」