2月の機械受注9・8%減 基調判断を下方修正

産経ニュース
内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)
内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)

内閣府が13日発表した2月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比9・8%減の8114億円となり、2カ月連続のマイナスだった。基調判断は前月の「持ち直している」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に下方修正した。

製造業は1・8%減の4245億円、非製造業は14・4%減の3878億円。船舶・電力や官公庁、外需を含む受注総額は10・6%減の2兆4590億円だった。

機械受注統計は、主な機械メーカー約280社が調査対象で、企業の設備投資意欲をみる代表的な指標とされる。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛