阪神・佐藤輝が大野雄から3号ソロ 輝しか打たん!

サンスポ
佐藤輝は六回、右翼席へ3号ソロを放つ。きょうもこの1点だけ…。(撮影・安部光翁)
佐藤輝は六回、右翼席へ3号ソロを放つ。きょうもこの1点だけ…。(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、中日2―1阪神、中日1勝、12日、バンテリンドーム)テルしか楽しみないやん! 阪神は中日戦に1―2で今季7度目の逆転負け。八回に登板した湯浅京己投手(22)がつかまった。これで引き分けを挟んで4連敗で、借金は「12」に拡大。六回に佐藤輝明内野手(23)が先制の3号ソロを放ったときには、勝利のムードが漂ったのに…。ここ3戦で奪った2得点は、いずれも佐藤輝のソロ。テルだけや! 何とかして!!

佐藤輝がフルスイングした打球は、右翼席ギリギリに着弾した。〝きょうこそは〟と勝利のムードが盛り上がる先制の3号ソロ。だが、終わってみれば空砲…。主砲は心の底から湧き上がる勝利への渇望をぶちまけた。

「やっぱり打って勝ちたいなと思います」

先発・西勇は7回無失点と踏ん張った。だが、また点が取れない。矢野監督はこの日、4試合連続で3得点以下と元気のない打線に大幅テコ入れした。不動のリードオフマン・近本を3番にして島田、山本、D6位・豊田(日立製作所)を今季初スタメン起用。しかし、新打線は空転した。

1―0の八回には岩崎ではなく、10日の広島戦(甲子園)に続き湯浅を投入。継投策でも新鮮さに期待したが、つかまって逆転負け。打つ手打つ手が裏目に出て、八方ふさがりで引き分けを挟んで4連敗。もう13敗目で借金は「12」に膨らみ、首位巨人とは今季最大の9ゲーム差となった。

頼むから勝って! 勝ってくれよ!! 悲痛な叫びを上げる虎党の溜飲を下げてくれたのは佐藤輝だけだった。六回2死、大野雄の初球124キロスライダーを振り抜いた。「『行ってくれ!』って感じでしたね」。高々と舞い上がった白球は、失速することなく右翼席最前列で弾んだ。

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」