これぞ社会派 松本清張の世界

無免許の高千穂ひづる運転シーンはスタッフが押す始末 「ゼロの焦点」(1961年)

zakzak
高千穂ひづるの謎を秘めた演技も注目された
高千穂ひづるの謎を秘めた演技も注目された

松本清張はこの作品も悪戦苦闘した。1958年から雑誌「太陽」で始まった連載も、掲載誌が休刊してしまう。

当時「宝石」の編集長だった江戸川乱歩は清張に連絡し、「宝石」に続きを連載することになった。タイトルも「零の焦点」に変えた。ところが清張は取材する時間がなく筆が進まず、たちまち休載に。そして時間稼ぎに乱歩と清張の対談や創作ノートなどでお茶を濁す始末。乱歩も「作者もつらいが編集者もつらい。今は両者とも無言」と編集後記に泣き言を書いたほど。

その間「宝石」では鮎川哲也が「黒い白鳥」という推理小説を連載。すると編集部はストーリーが「ゼロの焦点」と似ていることに気づいた。そこでプロットを変える話し合いが持たれた。

結局、「黒い白鳥」が59年の12月号で完結すると、後を追うように本作も1カ月遅れで完結した。その間、単行本の刊行を予定していた光文社は宝石編集部の頭越しに直接清張の尻をたたいたというから、どちらも必死だったわけだ。

山村正夫の「続・推理文壇戦後史」(双葉社刊)によれば、当時上石神井に住んでいた清張が近所の食堂で、立川の米軍基地の軍人の相手をするとおぼしき女性に出会い、彼女はその後どう生きてゆくのかと疑問に思ったことがアイデアのきっかけだったという。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に