県内企業4分の3が「前向き」 温室ガス削減、群馬経済研調査

産経ニュース

温室効果ガス(GHG)の排出量削減に向け、群馬県内企業の4分の3近くが前向きな検討も含め取り組みを進めていることが、群馬銀行系のシンクタンク、群馬経済研究所(前橋市)の調査で分かった。ノウハウ不足などの課題も指摘され、同研究所は先進事例の共有など官民一体で取り組むべきだとしている。

政府は地球温暖化の抑制のため世界各国と協調して、2050(令和32)年までにGHG排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」の実現を目指す。県でも「ぐんま5つのゼロ宣言」の中で同様の目標を位置付けている。

調査はアンケート形式で実施。GHG排出量削減への取り組みについて尋ねた。具体的に取り組んでいるは54・1%、取り組み検討中は20・6%で合わせて74・7%となり、意識の高さが浮き彫りになった。ただ、取り組む予定がないとの回答も7・3%あった。

具体的には省エネの実践を筆頭に、廃棄物の抑制や再資源化▽電気自動車(EV)・ハイブリッド車(HV)導入▽クリーンエネルギーへの切り替え-などに取り組んでいるとした。

理由について、過半数の55・3%が国連の持続可能な開発目標(SDGs)やCSR(社会的責任)などへの対応だとした。一方、コスト削減が理由だとの回答は46・3%に上り、経営面への直接的なメリットを見込んでいるとみられる。

ただ、企業側は手探りで進めている面がある。課題を聞くと、「ノウハウやスキルの不足」「設備導入のための資金不足」などの指摘が目立った。「何をしたら良いのか分からない」との回答も3割近くあった。

同研究所は今年2月、県内企業2200社にアンケートを郵送配布。23%に当たる510社から回答があった。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」