キムタク キンプリ高橋の腹打ちにも余裕の表情 テレ朝「未来への10カウント」制作発表

サンスポ
ファイティングポーズで気合十分の左から満島、橋、木村、山田、安田=東京・六本木(撮影・田村亮介)
ファイティングポーズで気合十分の左から満島、橋、木村、山田、安田=東京・六本木(撮影・田村亮介)

俳優、木村拓哉(49)が12日、東京都内で行われたテレビ朝日系主演ドラマ「未来への10カウント」(14日スタート、木曜後9・0)の制作発表に出席した。自身にとって初の学園スポーツドラマで、高校のボクシング部コーチ役。部員を演じるKing&Prince・高橋海人(23)のパンチを腹に受ける「腹打ち」を実践し、会場を盛り上げた。

木村(右)の腹に向かって強烈なパンチを放った高橋
木村(右)の腹に向かって強烈なパンチを放った高橋

高橋のボディーブローが「ドスッ、ドスッ」と鈍い音とともに5発続けて木村に炸裂(さくれつ)する。だが、鍛え上げられた腹筋はビクともしない。キムタクは「さっき食べたお弁当が(胃の中で)ちょっと上がってきた」とおどけつつも表情は涼しげだ。

「未来への10カウント」は、ボクシングの高校4冠達成後に競技を諦めて人生のどん底にいた主人公(木村)が、母校のコーチに就任して生きる希望を取り戻す物語。会見はボクシング部のリングセットで行われた。

役衣装のジャージーを着た木村は先陣を切って登場し、ロープを上下に開いて共演者を歓迎。リング上で高橋のパンチを受けるミット打ちを実践すると、司会からのむちゃぶりでトレーニングに取り入れていた「腹打ち」も披露した。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害