駒大が逆転サヨナラで1勝1敗のタイに 2点二塁打の角田「バットに当たってよかった」/東都

サンスポ
駒大・角田蓮内野手は左中間にサヨナラ2点二塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)
駒大・角田蓮内野手は左中間にサヨナラ2点二塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)

東都大学野球春季リーグ第2週第2日(日大1-2×駒大、13日、神宮)駒大がサヨナラ勝ちで1勝1敗のタイにした。0-1で迎えた九回1死二、三塁で、七回に代打で出たあと三塁の守備についていた角田蓮内野手(2年、昌平)が、左中間に逆転の2点二塁打を放った。。

バットを短く持ち、追い込まれながらもサヨナラ打をたたきだした角田は「緊張はすごかった。必死にくらいついていこうと思った。バットに当たってよかった。ヒットを打とうとしたんじゃなくて、結果がヒットになった」と笑顔が弾けた。

大倉孝一監督は「今やっていることが全て経験になる。角田は前向きなことが評価できる」と値千金の一打をほめた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図