日体大・今関俊介、玉ノ井部屋への入門表明「1年で関取に上がりたい」

サンスポ
入門記者会見で、玉ノ井親方(左)と握手する今関俊介=12日、東京都世田谷区の日体大
入門記者会見で、玉ノ井親方(左)と握手する今関俊介=12日、東京都世田谷区の日体大

昨年の全国学生相撲選手権の団体優勝メンバーだった日体大の今関俊介(22)が12日、東京・世田谷区の同大で大相撲の玉ノ井部屋への入門を表明した。172センチ、100キロと小兵だが、師匠となる玉ノ井親方(元大関栃東)と元関脇鷲羽山が目標で「1年で関取に上がりたい。相手をかき回し、技を決めるのが持ち味」。15日の新弟子検査に合格すれば、5月の夏場所(8日初日、両国国技館)の前相撲で初土俵を踏む。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  4. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走