岩本勉 どの口が言うとんねん

次回の日本ハム戦で「2試合連続完全試合」あるゾ! 佐々木朗希&松川虎生の最強バッテリー BIGBOSSには「おいしい」チャンス

zakzak
完全試合を達成し、笑顔のロッテ・佐々木朗希。左は捕手の松川虎生 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤徳昭)
完全試合を達成し、笑顔のロッテ・佐々木朗希。左は捕手の松川虎生 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤徳昭)

まいど! みなさん、年度初めからドえらいもんを見てしまいましたね~。何がってもちろん、ロッテ・佐々木朗希投手(20)の28年ぶりの完全試合です。10日のオリックス戦(ZOZOマリン)での日本新記録13連続を含む日本タイ記録の19奪三振での快挙達成は球史に刻まれたと言っていいでしょう。

最速164キロの直球や、150キロ近いフォークをほぼ完ぺきに制御したことも素晴らしいのですが、何より恐ろしいのが、白星の権利が懸かった5回や、完全試合を意識せざるをえない8、9回でも感情のブレや力みが全くと言っていいほど見られなかったことです。淡々とアウトを積み重ねていった姿は二十歳で至れる境地ではない。彼の底知れなさを感じさせられました。

そして、右腕と同じくらい称賛されて然るべきなのは、リードした松川虎生(こう)捕手(18)=市和歌山高=でしょう。高卒ルーキーが完全試合でマスクを最後まで被った例など、大リーグでもありません。

この2人は基本的には佐々木が投げたい球を投げる投手主導のバッテリーですが、この関係性にいい意味での変化が訪れた瞬間が4回にありました。吉田正尚外野手(28)との2度目の対戦で、松川はこの試合で1球だけしか投げていなかったカーブを2球連続で要求したのです。サインに佐々木朗は首を振らず、簡単に追い込んで最後はフォークで三振。ここでの配球が、次の3巡目での対戦に生かされました。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…