ロッテ・佐々木朗希、狙う世界初の複数回完全試合「引き続きこういう投球を」 映像見返し「逆に緊張した」

サンスポ
佐々木朗は完全試合の達成から一夜明け、本拠地で練習。あまり寝られなかったが、時折笑みを浮かべた(撮影・佐藤徳昭)
佐々木朗は完全試合の達成から一夜明け、本拠地で練習。あまり寝られなかったが、時折笑みを浮かべた(撮影・佐藤徳昭)

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が完全試合達成から一夜明けた11日、ZOZOマリンスタジアムで練習を行い「少しずつ実感が湧いてきた。(映像を)後から見たら逆に緊張した」と明かした。米大リーグでも達成者のいない複数回の快投を演じることを宣言し、100球以内の完投を目標に設定。偉業は米国内にも伝わり、早くも大リーグでのプレーを望む報道が一斉にされた。

歴史的偉業から一夜明け、佐々木がファンを熱狂させた舞台に戻ってきた。気温21度。幕張の青空の下で体を動かした。

「昨日は少しずつ湧いてきた実感をかみしめながら、夜を過ごしました。(祝福のメッセージは)今までで一番きました。母からも、いつも通り『おめでとう』と届きました」

普段、登板後は試合の興奮で寝付きが悪いというが、とりわけ前夜はあまり眠れず、深夜0時の就寝後、午前4時ごろに目が覚めた。睡眠不足ながら「(体は)いつも通りの張りで、特に違和感はありません」と元気な姿をみせた。

10日は地元の岩手県からもファンが駆けつけ「わざわざ、遠くからおこしいただいた」と感謝し、「引き続き、こういう投球が見せられるように頑張ります」と意欲的に語った。20歳5カ月の史上最年少で、28年ぶり16人目の完全試合を達成。今後のキャリアの中で日本のプロ野球はおろか、23人が成し遂げた米大リーグを含めても初の複数回達成に挑む。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害