週末、山へ行こう

「展望」「自然」「古刹」あり 生駒山(奈良県・大阪府) 標高642メートル 

zakzak
桜広場上部から大阪市街の眺め
桜広場上部から大阪市街の眺め

大阪・京セラドームで野球観戦することになった。だが、そのためだけに大阪まで出向くのは、さすがにもったいない。東京を早朝に出発して、電車を下りたら歩き始めることができる山は近くにあるかしら。ガイドブックをめくっていて「そうだ、生駒山を歩いてみよう」と思い立った。

奈良県と大阪府の境にそびえる生駒山。山上まで道路が通じ、山頂へはケーブルカーを利用して向かうこともできる。一方で、中腹には大阪府民の森が整備され、ハイキングコースがいくつもある。大半のハイキングコースは難所もなく気軽に歩ける…らしい。

カラフルな遊具やアトラクションでにぎわう生駒山上遊園地
カラフルな遊具やアトラクションでにぎわう生駒山上遊園地

今回は近鉄奈良線の枚岡駅から摂河泉(せっかせん)展望コースで山頂を目指すことにした。駅からすぐの枚岡(ひらおか)神社でお参りをし、コンクリート舗装の急坂が続く奈良街道を歩いて枚岡公園へ。折しも、桜広場の桜が満開で、桜の花越しに大阪の町並みを眺めることができた。幸先がいい。

額田山展望台で改めて大阪市街の展望を満喫し、尾根道を進む。常緑樹多め、雰囲気のよい森で、ときどき木々の間から町並みが眺められる。同じ低山でも、いつも歩いている関東近郊の山とは樹相がだいぶ違うなあと思いながら歩く。

「生駒の聖天さん」として親しまれる宝山寺

最後のひと登りで、いきなり紅白の電波塔に出迎えられ、さらに進むと生駒山上遊園地へ。春休みで子供連れの家族たちで賑わっていた。静かな樹林歩きからいきなり大混雑の遊園地、落差が大き過ぎてニヤニヤしてしまう。山頂の山名看板は見つけられなかったが、三角点はSLの線路の中にあった。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走