「ちむどんどん」あんこに喜ぶ暢子に視聴者「カムカム繋がり」「アタシの心がちむどんどん」と歓喜

iza
子供たちは東京の土産に大喜び。左から、良子(土屋希乃)、暢子(稲垣来泉)、歌子(布施愛織)、賢秀(浅川大治)、賢三(大森南朋) (C)NHK
子供たちは東京の土産に大喜び。左から、良子(土屋希乃)、暢子(稲垣来泉)、歌子(布施愛織)、賢秀(浅川大治)、賢三(大森南朋) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第2話が12日、放送され、ヒロイン・比嘉暢子(稲垣来泉)が東京のお菓子に“食いつく”場面がSNSで話題に。あんこを絶賛する様子に一部視聴者は「カムカム繋がりを感じて泣けてくる」などと歓喜した。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとその兄妹たちの姿を描く「ちむどんどん」。本土復帰から50年の節目に合わせて放送され、主人公の比嘉暢子役を黒島結菜が演じる。仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が家族役で出演するほか、語りをジョン・カビラが務める。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

ドラマは現在、第1週「シークワーサーの少女」が放送中で、1964(昭和39)年、まだアメリカ統治下だった沖縄の本島北部、やんばる地域で、明るい母、優子(仲間)と優しい父、賢三(大森)、そして長男の賢秀(浅川大治)、長女の良子(土屋希乃)、三女の歌子(布施愛織)たちに囲まれ、小学生の暢子(稲垣)は、のびのびと暮らしていた。

そんななか、東京から転校生の青柳和彦(田中奏生)が村にやってきた。食べることが大好きな暢子は、生まれて初めて見た東京の人(やまとんちゅ)に興味津々。東京のおいしい食べ物の話を聞こうとしたが、和彦は素っ気なく、問いかけに答えずに立ち去ってしまった。

ある晩、和彦とその父、史彦(戸次重幸)が比嘉家を訪ねてきた。史彦は暢子たちが暮らす村に研究旅行でやってきた民俗学者で、東京で大学教授として働いている。史彦はあいさつの品を優子に渡そうとすると、暢子がいち早く反応し、「えっ、お菓子?」と飛びついた。ふたを開けると「まさかやー! 東京のお菓子?」と大興奮。史彦に礼を述べて最中にかじりつき、「マーサンヤー(おいしい)! 東京のあんこはサラサラしておいしいさぁ。なんか、ちむどんどん(胸がドキドキ)する!」と目を輝かせた。

東京の土産に感激する暢子に、ネットでは「『東京のお菓子!』 田舎者の私もよく言ってた。都会に憧れてたわ」「こんなに喜んでくれたら青柳先生も嬉しかろうなー」などと共感するユーザーが多数。朝ドラのあとに放送される情報番組「あさイチ」(NHK総合)の“朝ドラ受け”では、MC陣の一人、博多華丸が「東京のお菓子。時代が違えど、僕もやっぱりありましたね、子供のとき。『東京』って付けばすごい、みたいな」などと、子供の頃に抱いていた東京へのあこがれを回想した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏