NY株反落、413ドル安 IT関連銘柄に売り

産経ニュース
米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

週明け11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比413・04ドル安の3万4308・08ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇を受け、相対的に割高感が意識されたIT関連銘柄が売られたのが相場を押し下げた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、299・04ポイント安の1万3411・96。

米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のために金融引き締めを加速させるとの思惑が広がった。中国での新型コロナウイルス感染拡大で、中国経済が減速する可能性も警戒された。

個別銘柄では、ITのマイクロソフトや金融・旅行のアメリカン・エキスプレスの下落が目立った。通信のベライゾン・コミュニケーションズは買われた。

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」