歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

曲を提供した加藤登紀子が受けた30年以上忘れられない衝撃 通算19枚目のシングル「難破船」

zakzak
中森明菜「難破船」ジャケ写
中森明菜「難破船」ジャケ写

「今でも本当に…、明菜さんの『難破船』は忘れられないんです」。

3年前の2019年10月5日。「ミュージック・モア」(TOKYOMX)にゲスト出演した歌手の加藤登紀子は、中森明菜に提供した「難破船」=写真=についての秘話を語っていた。

「難破船」は1987年9月30日に発売された通算19枚目のシングルだった。この曲はもともと加藤のアルバム「最後のダンスパーティ」(84年)に収録されたもの。つまり明菜のシングルはカバー曲だったのだ。

「ミュージック・モア」は冒頭で加藤の足跡や作品などを紹介。その後、MCのクリス松村から、「難破船」について経緯を聞かれた加藤は、開口一番「実は、私の二十歳(ハタチ)のときの恋の破局を歌ったものでした」と作品について吐露した。

続けて、当時を振り返り、「明菜さんが22歳の誕生日をお祝いしてもらっている様子をテレビで見たんです。その時の不機嫌な明菜さんの雰囲気が…。おめでとうって言われているのに、ありがとうって言わなくって。22歳の何がおめでたいんですか? というような言い返し方をしていたんです。その迫力が…」。

「失恋した後は何がおめでたいの? みたいな。風を切って歩いていくような(様子を)私も一番カッコ良かったと思っているんです、その頃は…。それが明菜さんに感じられて…」

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  3. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」