「鎌倉殿の13人」悲劇的な最期を迎える義経と義高…「蝉の抜け殻」をめぐるやり取りに視聴者興奮「凄い構図」

iza
鎌倉御所・表にて。出陣の前に、源義高(市川染五郎)に、自分が集めていた蝉の抜け殻を渡す義経(菅田将暉)。(C)NHK
鎌倉御所・表にて。出陣の前に、源義高(市川染五郎)に、自分が集めていた蝉の抜け殻を渡す義経(菅田将暉)。(C)NHK

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の第14話が10日、放送され、源義経(菅田将暉)が、木曾義高(市川染五郎)に贈った「蝉の抜け殻」が視聴者の間で話題になり、SNSにさまざまな感想が集まった。

平安末期から鎌倉前期の時代を舞台に、源平合戦から鎌倉幕府誕生までの舞台裏で繰り広げられる激しいサバイバルを描く「鎌倉殿の13人」。小栗旬が主人公の第2代執権、北条義時役を演じる。

義高は頼朝(大泉洋)のライバル、木曾義仲(青木崇高)の嫡男。この日の放送では、人質として、鎌倉に送られた義高が、その美貌と父譲りの不器用なほどの実直さで、頼朝の正室、政子(小池栄子)やその娘で義高の許嫁となった大姫(落井実結子)をはじめ、御家人たちからも可愛がられ、すっかり鎌倉になじむ様子が描かれた。

鎌倉御所・侍所にて。源義高(市川染五郎)を囲んで酒を飲む和田義盛(横田栄司)、北条義時(小栗旬)、畠山重忠(中川大志)。(C)NHK
鎌倉御所・侍所にて。源義高(市川染五郎)を囲んで酒を飲む和田義盛(横田栄司)、北条義時(小栗旬)、畠山重忠(中川大志)。(C)NHK

義高は幼いながら、自分が人質として鎌倉に預けられた立場をよく理解しており、源氏同士である頼朝と義仲が争うようなことには決してならないと信じて疑わなかった。義経はそんな健気な義高を「めでたいな全く」と笑った。そして、蝉の抜け殻を集めるのが好きで、信濃には512個の抜け殻があることを楽しそうに話す義高を見て、急に真顔になり、「あんまり、それ、人に言わないほうがいいぞ」とツッコんだ。

義仲は、倶利伽羅峠の戦いで平家の追討軍を撃退して上洛。敗れた平宗盛(小泉孝太郎)は、幼い安徳天皇を連れ、三種の神器とともに都を落ち延びた。後白河法皇(西田敏行)から西国への出陣と三種の神器の奪還を命じられた義仲は、備中で苦戦を強いられた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛