米国合宿中の元世界3階級制覇王者、田中恒成が再起2戦目で橋詰将義に挑戦/ボクシング

サンスポ
田中恒成(畑中ジム提供)
田中恒成(畑中ジム提供)

プロボクシング元世界3階級制覇王者で、WBOアジア・パシフィック(AP)スーパーフライ級1位の田中恒成(26)=畑中=が、6月29日に東京・後楽園ホールでWBOAP同級王者の橋詰将義(28)=角海老宝石=に挑戦すると11日、興行を主催する大橋ジムが発表した。

田中は2020年大みそかにWBO世界同級王者の井岡一翔(志成)に敗れてからの再起2戦目。日本男子最速記録のプロ4戦目で東洋太平洋ミニマム級王座を獲得した2014年10月以来、約7年8カ月ぶりに後楽園ホールのリングに上がる。東洋太平洋王座も保持する橋詰は初防衛戦となる。

昨年12月に石田匠(井岡)に2-1で判定勝ちして再起した田中は、約1カ月半前から村田大輔トレーナーと米国合宿中。ラスベガスで井岡のトレーナーを務めるイスマエル・サラス氏(キューバ)、ロサンゼルスで元世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーとして有名なフレディ・ローチ(米国)氏の指導を受けた。来週には帰国し、日本で試合に向けて仕上げていく。

プロ戦績は田中が17戦16勝(9KO)1敗、橋詰は21戦19勝(11KO)2分け。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」