MLBの大谷、今季初長打 自己最速の打球速度マーク

産経ニュース
アストロズ戦の3回、二塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
アストロズ戦の3回、二塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

エンゼルスの大谷が今季初の長打をマークした。三回1死一塁からアストロズの右腕ウルキーディの内角高めを引っ張り、低く強烈な弾道の打球がワンバウンドして右翼席に飛び込む二塁打となった。映像解析の「スタットキャスト」によると、打球速度は119・1マイル(約192キロ)でメジャー5年目で自己最速だった。

八回は外角球を流し打ちして左翼ポール際まで運んだが、左翼手の好捕に阻まれ、今季初の複数安打はならなかった。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図