兵馬俑と古代中国

身長196センチの高級武官 展示品から1

産経ニュース
戦服将軍俑 統一秦 秦始皇帝陵博物院 一級文物
戦服将軍俑 統一秦 秦始皇帝陵博物院 一級文物

京都市京セラ美術館で開催中の「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」(産経新聞社など主催)。注目の展示品を5回にわたって紹介します。第1回は「戦服将軍俑」です。

戦服将軍俑

像高196センチの長身。兵馬俑(へいばよう)は彩色されていたとされるが、この像にも右の頰(ほほ)や耳に白地に肌色を重ね塗りした跡が見える。

「将軍」という通り名で呼ばれるものの、実際は高級武官の姿を写したものといわれている。それは、鶡冠(かつかん)というふたつに分かれた独特の形の冠でわかる。

鶡はキジ科のヤマドリのこと。気が強く、攻撃されると勇猛に反撃に出ることから、武人の冠に用いられるようになった。

「将軍俑」はこれまで11体が出土しているが、軍服に鎧(よろい)を着用しているものと着用していないものの2種類がある。こちらは、着用していない方で、その分、ベルトと楽器の琵琶のような形の帯鉤(たいこう)がわかる。

指を丸めた右手は、剣を持っている様子を示しているとされ、だらりと自然にさげた左手とは対照的だ。(正木利和)

開催概要

日中国交正常化50周年記念 兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~

会期:2022年5月22日(日)まで

会場:京都市京セラ美術館 本館北回廊2階(京都市左京区岡崎円勝寺町124)

公式ホームページ:https://heibayou2022-23.jp/

公式Twitter:@heibayou2022_23

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」