渡邉寧久の得するエンタメ見聞録

人生に迷う楽しみ、自分で選ぶ喜び伝わる ゆったりとした時空間で描く 映画「ツユクサ」

zakzak
じわり心に染みる作品だ
じわり心に染みる作品だ

大人も子供も何かを抱えながら暮らしている。それが日常で、必ずしも重荷でもない。いいことも、よくないことも同じ時系列で起こったり今後起こったりする。そんなことを改めて思い起こさせる映画が29日公開の「ツユクサ」(平山秀幸監督)。各自の暮らしが交差したりすれ違ったりしながら揺れ動くさまが、ゆったりとした時空間で描かれている。

主な登場人物に共通する属性に気付くと作品の本質がさらに心に染み入る。あらかじめ何かを失っている人、途中で何かを失った人、つまり喪失感を抱えた人々の物語。

それがつづられる場所は小さな海辺の町。女優の小林聡美(56)が演じる五十嵐芙美はどこからかこの地にやってきた。

なぜ来たのか、何を抱えているのか、苦悩を紛らわせるために何に逃げ込んだのか。芙美の置かれた状況の薄紙は、少しずつはがされていく。

暮らしぶりは、移住者だが土地にしっかりと根付いている。タオル工場(工場長はベンガル)で働き、仲のいい女友達(平岩紙、江口のりこ)、年の離れた親友(斎藤汰鷹)もいる。ぜいたくではないけれど、満たされた衣食住。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走