水際措置の緩和、感染状況など勘案 松野長官

産経ニュース
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は11日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの水際対策のさらなる緩和措置に関し、「検疫体制や防疫措置の実施状況を勘案しつつ、新型コロナの内外の感染状況、主要国の水際対策の状況、日本人の帰国状況などを踏まえながら適切に判断していく」と述べた。

政府は経済界などの強い要望により、1日当たりの入国者数の上限を10日に7千人から1万人程度に引き上げた。松野氏は水際対策の基本的な考え方について「慎重さを堅持しつつ、感染拡大の防止と社会経済活動のバランスを取りながら入国者総数の引き上げをはじめ、段階的な緩和を進めている」と説明した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛