鈴木誠也が開幕3戦で6打点 カブスの新人では〝史上初〟の快挙

サンスポ
ブルワーズ戦の1回、メジャー初本塁打となる先制3ランを放ったカブス・鈴木=シカゴ(共同)
ブルワーズ戦の1回、メジャー初本塁打となる先制3ランを放ったカブス・鈴木=シカゴ(共同)

カブス4-5ブルワーズ(10日、シカゴ)米大リーグ、カブスの鈴木誠也外野手(27)が「5番・右翼」で出場し、メジャー初本塁打となる1号3ランを放つなど3打数1安打1四球。米メディアによればカブスの新人選手が開幕からの3連戦で6打点を挙げたのは1900年以降の現代野球史では初めて。

「チームが勝てばいいので、まず(開幕3連戦は)2試合勝てたので。きょうは落としてしまったんですけど、次はしっかりと勝てるように頑張りたいです」

一回2死一、二塁で先制の3ランを左中間へ運ぶ、メジャー初本塁打。チームは1点差で敗れ、試合後は「負けたのであまりうれしくないですね」と淡々と話した。

同じナ・リーグ中地区で昨季の地区優勝チーム、ブルワーズ相手に開幕カードを勝ち越した。投手は1戦目が昨季のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)右腕バーンズ。2、3戦目のウッドラフとペラルタも昨季防御率2点台の好投手。さらに3人ともオールスターに選出されるほどメジャーの一線級の投手陣だ。

その投手たちを相手に3試合連続安打、さらに四球も選んだ。3戦合計で打率・375(8打数3安打)、4四球と貢献度は高い。11日(同12日)は試合がなく、12日(同13日)からは初めての遠征となるピッツバーグで2連戦を行う。パイレーツには、筒香嘉智内野手(30)が在籍している。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害