阪神あぁ不完全試合 打開策見つからない矢野監督「声出すとか応援するとかアドバイス送るとか…」

サンスポ
敗れた阪神・矢野監督(右から3人目)(撮影・中島信生)
敗れた阪神・矢野監督(右から3人目)(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、阪神0―1広島、6回戦、広島5勝1分け、10日、甲子園)阪神は広島に零封負けを喫した。ちぐはぐな攻撃で1点が遠く、引き分けを挟んで3連敗。巻き返しを狙った5日からの甲子園での戦いは、1勝3敗1分けで負の連鎖を断ち切れず。シーズン10勝ペースと苦境に直面している矢野燿大監督(53)も打つ手がない様子だ。

九回、三振に倒れる阪神・大山(撮影・中島信生)
九回、三振に倒れる阪神・大山(撮影・中島信生)

ロッテ・佐々木朗の歴史的な完全試合に興奮のるつぼと化したZOZOマリンから、およそ600キロ。この日の5球場で最多の3万8051人で埋まった甲子園には、ため息と怒号が入り乱れ、殺伐とした空気には、絶望感すら漂っていた。

2勝目すら、遠い。泥沼の矢野虎が今季最短、わずか2時間24分で〝不完全燃焼試合〟。今季3度目の零封負けで、借金は「11」に膨らんだ。

「個々の調子を上げてくれと言うだけでは、ダメだと思うので。俺らも何とか。声を出すとか応援するとかアドバイスを送るとかいろんなことがあると思うけど、そういうのを探してやっていくしかないんかなと思う」

矢野監督が言葉を絞り出した。声、応援、アドバイス…。明確な打開策が見えぬまま、借金だけ雪だるまのように増え、首位(広島が浮上)とのゲーム差は8・5に。14試合を終え1勝12敗1分けと、単純計算でシーズンわずか10勝ペースだ。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に